前へ
次へ

小柄な人に似合うウェディングドレス

日本人はそもそも結婚式でウェディングドレスを着ない民族です。
基本的には小柄でずんどう、頭の大きい人種なので和装である着物の方が似合うとされています。
しかし近年では欧米化が進んで日本人の体型も変わりつつあり、純日本人でも八頭身で手足が長い若い人もたくさん見られるようになりました。
それにつれ、結婚式でウェディングドレスを着る人も増えています。
しかし中には小柄で、ドレスの形によっては似合わない人もいます。
そういう場合はドレスの形を工夫するといいでしょう。
まず、足が短く背が低めの人は、AラインといってアルファベットのAの形に似たものがオススメです。
すらりとして見えるので、背の低さをカバーできるでしょう。
逆に貧弱に見えてしまって似合わないのが、マーメイドラインやスレンダーです。
また、ミニ丈は背が低いことの可愛らしさを強調はしてくれますが、やや子どもっぽく見えるかもしれません。
また、胸元に大きな飾りのついたようなデザインだと、頭でっかちに見えてしまうので避けたほうがいいでしょう。

Page Top